虫歯だらけにならないために、予防と対策!

虫歯だらけにならないために、予防と対策!

若い世代で虫歯だらけになってしまう理由


虫歯だらけになると歯が非常に痛み出したり、口臭がひどくなったりして、人前に出るのも嫌になってしまう時があります。

虫歯は口腔内を不潔にしていることから始まり、虫歯のばい菌が歯の表面を溶かし、神経などに進出することでどんどん広がっていきます。

虫歯は一度起きてしまえば完治は難しいですが、こまめに治療や対策を行うことでひどくなったり広がるのを防ぐことができます。

hudhsuhdshs

しかし、歯医者に行く時間がないと歯医者をためらったり、何らかの理由で虫歯治療を途中でやめたりすることでどんどん広がり、口の中が虫歯だらけになってしまうのです。

これまで虫歯はお年寄りなどで、なかなか自分一人では口腔ケアができない人に多いと考えられてきました。

しかし、この状況を踏まえて介護予防対策や80歳までに20本の歯を残しましょうという運動が展開されたことによって、近年ではお年寄りよりも10代や20代の若い子が虫歯だらけになってしまうケースが増えているのです。

若い世代に急増!!虫歯だらけになる原因とは?

今はインターネットの普及によっていつどこにいても様々な情報を仕入れたり、自分で動かなくてもいろいろなことができる便利な時代になりました。

しかし、その便利さとは裏腹に、引きこもっていても何でもできてしまうことから、人とのコミュニケーション不足が叫ばれ、人とうまく付き合うことができない人が増えてきています。

そのような結果仕事や人間関係、家族関係においてもストレスを抱える人が非常に増えてきているのです。ストレスによって自律神経のバランスが大きく乱れると、体調も大きく作用されるようになります。

その結果、唾液の分泌量が低下して口の中を清潔に保つことができなくなり、虫歯菌が増殖してしまうのです。

また、近年の若い子たちは勉強だ、仕事だと行き着く暇もないくらい積極的に動いています。その結果食事の時間なども不規則になり、体の免疫力も低下していきます。

本来悪さしないほどの虫歯菌が、免疫力が低下したことによって悪さをするようになるため注意が必要です。

お年寄りの虫歯だらけになってしまう原因は、主に唾液の分泌量の低下や口腔ケアの不徹底によって口腔内が不潔となり起こることが多いのですが、若い子たちの虫歯だらけになる原因はお年寄りの原因とは少し異なるものもあるため注意が必要です。

虫歯だらけにならないためには?

虫歯だらけになると歯は色がついて汚く見えるし、口臭がひどくなったり、歯ぐきが腫れて顔の形が変わってしまったりと悪い影響を及ぼします。

その結果人の前で話すことや、人の中にいることすら怖くなってしまい、引きこもってしまう人もいます。また、歯の痛みは神経からくる痛みのため、ほかの部分の痛みとは違い我慢できないほどの痛みになることもあり、イライラしてしまいがちです。

hijalkslakla

虫歯が与える影響はイライラや引きこもりなど心の面だけではありません。虫歯は一度なってしまうと治療を行っても完治することはなく、放置してしまうとばい菌はどんどん奥まで侵入して、神経や血液内に入り込んで悪さをします。

血液内に入ると体の隅々までめぐるため、脳や心臓などに到達して悪さをすれば命にかかわることもあります。

虫歯だらけの口内はたいへん不潔で見た目もよくなく、健康にも悪影響であるため、虫歯かなと感じる前に虫歯予防対策をおこなうのはもちろんのこと、虫歯も早期発見・早期治療が肝心です。

では虫歯だらけにならないようにするために大切なこととはいったいどのようなことでしょうか?

虫歯だらけにならないようにするための予防と対策

虫歯だらけになってしまうのは、虫歯ができてもきちんと対処しないことにあります。虫歯をきちんと対処すれば虫歯だらけになるのを防ぐことができるのです。

そのためには普段から口腔内の検診をしっかりおこなっておくことが肝心です。虫歯になる前からしっかり歯医者に通い、検診や処置をおこなっておくと、虫歯ができても大きな治療をしなくて済みます。

歯医者が嫌いな人の理由の中に、歯医者の器具の音が苦手、器具が痛いという人が多いですが、こまめに歯医者に通っていればそのような器具を使用しなくても虫歯を防ぐことができます。

虫歯になりやすい原因としては、まずは遺伝があげられます。歯と遺伝は関係がないように思えますが、遺伝で歯が強さが遺伝する可能性もあります。虫歯になりやすい遺伝的要素が強い場合は虫歯にならないように予防対策をしっかりと行うことが大切です。

次に唾液の質が悪い場合や分泌量が少ない場合です。唾液には口内の汚れやバイ菌を洗い流す働きがありますが、何らかの原因で唾液の分泌量が減ってしまうと口腔内を清潔に保つことができなくなってしまいます。

体をリラックスさせたり、よく噛んで口の周りを動かすことで唾液量を増やすことができます。あご関節周辺のマッサージも有効です。

さらに、噛み合わせの悪さも虫歯だらけになりやすい原因と言われています。噛み合わせが悪いと、上の歯と下の歯にかかる圧力が違ってきます。

強くかみしめることが多い歯にひびが入り、そのひびに入りこんだ虫歯菌が繁殖してしまうと通常の口腔ケアでは除去できないため虫歯が広がりやすくなってしまいます。

いずれの場合も、通常の口腔ケアだけで解決できるのであればよいのですが、通常の口腔ケアを行っているにもかかわらず虫歯が増えてしまうという人は、歯医者で虫歯が軽いうちに治療を開始してそれ以上広がらない工夫を行いましょう。

歯磨きが苦手なお子さんには、虫歯予防歯磨きが秘かに人気を集めています。虫歯らだけにならたいための予防にいかがでしょうか?

虫歯だらけの状態が与える影響

虫歯は虫歯を引き起こす菌が歯を削っていくことから始まります。

口腔内が清潔で、体も健康な状態であれば、抵抗力で虫歯を抑えることもできますが、口腔ケアを怠ったり、体調の良くない日が続いたりすると、体の免疫力も下がり虫歯も進行していきます。

特に今どきの若者は食生活が乱れがちで、体が弱っているほか、時間に追われて口腔ケアに時間をかける暇もないほど忙しい人も多いです。

yksjdsjkjsdjss

また、仕事や人間関係においてストレスを常に抱え込み、自律神経のバランスを乱すことによって体調を悪くすることが多いため虫歯が広がりやすい状況と言えます。

虫歯は菌によって起きるものなので、その菌が体をめぐることによって、菌が到達した場所で増殖すると命にかかわる症状を引き起こすこともあります。

たかが虫歯とあなどらず、虫歯が広がることによって体にどのような影響を及ぼすのかを考えていきましょう。

虫歯だらけの人の体は虫歯菌がいっぱい!!

何らかの原因でそれまで悪さをしてこなかった口内の常在菌が悪さをすることによって引き起こされるのが虫歯です。

つまり、虫歯になるということはそれだけその時の体の抵抗力が落ちていたと考えられます。虫歯になってすぐ治療を開始すれば広がることもなく済むのですが、病院へ行きたくない、病院へ行っている時間がないなどと虫歯を放置してしまうと虫歯はどんどん広がって虫歯だらけになってしまいます。

虫歯だらけとなった口内は非常に不潔な状態で、菌が非常に多く存在していますから、虫歯の菌だけでなくほかの菌にも感染すると、虫歯だけでなく歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病にかかることもあります。

虫歯が増えてくると気になるのは口臭です。口臭がひどくなると人とコミュニケーションをとるのも非常に不安に感じることがあります。

また、虫歯が増えることで顔がはれぼったくなってしまったり、痛みがひどくてイライラしたりと精神状態にも悪影響を与えます。

また、虫歯菌が歯茎の血管から血液内に侵入してしまうと、血液の流れに乗って体中をくまなくめぐることになります。心筋梗塞や脳腫瘍、脳こうそくなどを引き起こしてひどい場合には死に至ることもあります。

虫歯が進行することによって食事がうまく摂取できなくなり、消化不良や胃や腸の病気、さらには歯並びが悪くなって勉強や仕事に影響が出てくることもあるため、虫歯はひどくなる前にしっかり治療や対策を行うことが肝心なのです。

虫歯だらけで歯医者に行くのが、恥ずかしいあなたに・・・

虫歯だろうなと感じつつも歯医者に行かずに放置していた結果、虫歯だらけになってしまった。

虫歯だらけだと恥ずかしくて余計に歯医者に行きにくくなりますね。虫歯だらけになってしまったのには歯医者嫌いという理由だけではないかもしれません。

虫歯になりやすい体質、歯を磨くのが面倒、歯医者は時間もお金もかかるから行けない、歯医者に行く時間が取れないほど忙しいなど、いろいろあると思います。

でも、せめて毎食後の歯磨きだけでも続けていけるといいですよね。虫歯の原因は虫歯菌です。その虫歯菌に強いブリアンという歯磨き粉があります。

虫歯だらけの自分の口を恥ずかしいと思うこともストレスになり、虫歯を増やしてしまうでしょう。歯医者に行けないのならせめて虫歯菌を除去する歯磨き粉を使ってみてはどうでしょうか?

それからもし、歯医者へ行こうと決意したのなら技術面だけでなく、虫歯だらけになってしまった状況を優しく受け止めてくれる歯科医と出会えるといいですね。

 

何をしたら良い?
カテゴリ