虫歯だらけにならないために、予防と対策!

虫歯だらけにならないために、予防と対策!

虫歯だらけになると頭痛を起こしやすい

読了までの目安時間:約 3分
 

sassasa

虫歯を放置しておくと心や体に様々な悪影響を及ぼします。時には虫歯の菌が体中に蔓延して死に至るケースもあるほどです。そのため虫歯は軽く考えず、虫歯かなと感じたら早めに治療や対策を講じることが必要です。

虫歯かなと感じる多くの場合は、歯が痛くなることがあげられますが、実は歯が痛くなる頃には虫歯はかなり進行しています。

自分の容姿に自信がないなどの理由で鏡を見ないまま身支度をする人もいますが、虫歯のなりかけの時期は歯の表面の色が変わってくることなどから早期発見につながるので、身支度をするときは鏡を見ながら行います。

また、虫歯を引き起こすことによって頭痛を起こす人がいます。実は虫歯と頭痛は大きなつながりがあり、虫歯が原因で頭痛を引き起こす理由は多いので、自分はどういう状態で虫歯から頭痛を引き起こしているのかを知り、それに沿った対策を講じることが大切です。

怖いものもある!!虫歯から起きる頭痛の原因と対処法

 

虫歯が原因で頭痛を引き起こす理由は様々なものがあります。その一つが緊張型頭痛です。虫歯になると食事自体がストレスとなることがあります。

そのストレスが引き金となって首から肩にかけての筋肉が緊張し、血流などが滞って頭痛を引き起こすのです。適度に体を動かしたり、ストレスを発散させることによって血流を良くし、筋肉の緊張を緩めます。

頬骨のあたりに上顎洞という空洞がありますが、この空洞の粘膜が虫歯菌によって炎症を引き起こし、膿がたまると上顎洞炎という症状を起こし頭痛の原因となります。

頬骨のあたりが痛かったり鼻の中で悪臭がするなどといった症状がある場合は虫歯治療と耳鼻科での治療を並行して行います。

口の中が虫歯だらけになると、なるべく痛みのないところを使ってものを食べようとします。その結果噛み合わせが悪くなって顎関節症を引き起こし頭痛の原因となってしまうことがあります。

噛み合わせが悪くなることによって頭痛だけでなく虫歯もさらに進行することがあるため、ひどくなる前に歯科だけでなく口腔外科も受信しておきましょう。

口内が虫歯だらけになって、虫歯菌が血液に乗って全身をめぐるようになると体に様々な悪影響をもたらしますが、その中でも頭痛が最もひどくなるのは脳静脈血栓症です。

虫歯菌が血液に乗って脳に到達し、脳の静脈に血の塊を作ってしまう病気で、刺すような頭の痛みや嘔吐、けいれんなどがある場合にはすぐに脳神経外科を受診してください。

歯と頭は血管や神経、筋肉、骨格などいろいろなものでつながっているため、虫歯だらけになると頭痛が起きやすくなるのです。

 

この記事に関連する記事一覧

何をしたら良い?
カテゴリ