虫歯だらけにならないために、予防と対策!

虫歯だらけにならないために、予防と対策!

虫歯だらけになる前に早期発見早期治療

読了までの目安時間:約 3分
 

aasasaaaaaasss

歯は赤ちゃんの頃から徐々に生えてきます。赤ちゃんの頃は乳歯だけですが、小学校中学年ころから徐々に永久歯に切り替わり、中学卒業の頃にはほとんどが永久歯に生え変わります。実はその生え変わりが虫歯予防のポイントなのです。

小さいころはほとんどの検診で歯科検診があります。歯の状態を調べ乳歯が何本生えたか、虫歯はないか、歯並びは悪くないか、噛み合わせが悪くないかどうかなどをチェックしますが、大人の中には乳歯はどうせ生え変わる歯だから大丈夫と考えている人も多いです。

しかし、乳歯の時の虫歯が後になって思わぬ結果となってしまうこともあるので注意が必要です。

虫歯のない健康な口腔内を保つためには、永久歯に生え変わってしまってからしっかりとケアするのではなく、歯科検診を行っている乳歯のうちからしっかりとケアしていかなければならないのです。

虫歯の早期発見早期治療は乳児期から!!

 

早期発見早期治療というとがんのような感じがしますが、虫歯は放置しておくと体のいたるところで悪さをし、時には死に至ることもあるほど深刻なものです。

そのためたかが虫歯と放置しておくとどんどん広がって手に負えなくなってしまうので、そうならないようにするためには早めに見つけて小さなうちに対処しておくことが肝心です。

しかし、歯医者は怖いという人も少なくありません。確かに不快な音のする器具が並んでいたり、どんな治療を行うのかが見えにくいため不安になるのも無理はありません。そこでおすすめしたのが、乳児期から歯医者に慣れさせておくことなのです。

大人になると体の健康診断はあっても歯の検診はほとんどありません。しかし、乳幼児期の検診には必ずと言っていいほど歯の検診もついてきます。

この時の検診結果をしっかり大切にして、虫歯や口内状況に対する不安などがあれば歯医者が怖いと感じる前から歯医者に慣れさせておくことも大切です。

歯医者ではフッ素塗布という、虫歯治療ではなく虫歯予防のための対策も行ってくれるので、このころから歯医者に慣れ親しんでおけば歯医者が怖くて行きたくないということがなくなります。

また、大人の中には乳歯はいずれ生え変わる歯だから虫歯になっても関係ないと放置する人もいますが、乳歯が虫歯になると永久歯の虫歯より進行が速いです。

虫歯が進行して歯の根元まで影響を及ぼすとその下で待機している永久歯にも悪影響を与えるので、乳歯だからといって安心せず、乳歯の段階から早めに虫歯予防を行うことが肝心です。

虫歯の早期発見早期治療のためにも、永久歯を虫歯になりにくくさせるためにも、小さなころからの積み重ねが非常に大切なのです。

 

この記事に関連する記事一覧

何をしたら良い?
カテゴリ