虫歯だらけにならないために、予防と対策!

虫歯だらけにならないために、予防と対策!

唾液の量が少ないのが虫歯が増える原因の1つ

読了までの目安時間:約 2分
 

口の中で分泌される唾液の量は人それぞれ違いますが、唾液の分泌量が少ないといろいろな危険があると言われています。特に唾液の分泌量が少ないと虫歯になる事が多いと言われているので注意が必要です。

分泌される唾液の量が少なくなってしまうと酸で溶かされた歯を再生させる事が出来なくなり歯が溶けてしまう事が多くなります。それにより虫歯が出来やすくなってしまいます。

唾液の量が少なくなってしまうと虫歯だけではなく歯に歯石が付着しやすくなったり歯周病にかかってしまう事も多くなります。それにより口臭も酷くなる事があるので唾液の分泌量が少なくなってきたら改善していく必要があります。

口の中で分泌される唾液の量が少なくなった時の対処法は、唾液腺をマッサージして刺激してあげる事が大切になってきます。耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つの唾液腺があるので指の腹の部分で優しく押すような感覚でマッサージすると唾液が分泌されるようになります。

唾液の量が少なくなる原因には、ストレスも影響しています。ストレスを溜めてしまうと体が緊張した状態になるので喉が乾く事が多くなります。それにより唾液の分泌量が少なくなって虫歯になる事もあるので注意が必要です。

よく虫歯になりやすい人は口の中で分泌される唾液の量が少なくなっている可能性が高いです。日常生活の中で口の中で分泌される唾液の量を多くして歯を再生する事が出来るようにしておくと虫歯を予防していく事が出来ます。

 

この記事に関連する記事一覧

何をしたら良い?
カテゴリ
最新の投稿