虫歯だらけにならないために、予防と対策!

虫歯だらけにならないために、予防と対策!

歯磨きは、いつするのが効果的なのでしょうか?

読了までの目安時間:約 2分
 

普段何気なく行ている歯磨きですが、いつするのが効果的か知っていますか?実は歯科医師や専門家の間でもそのタイミングには様々な意見があるのです。

少し前までは食後3分以内に3分間以上の歯磨きがよいとされてきましたが、ここ最近では食後30分以上経過してからが良いといった意見もあります。これは食後すぐだと歯が脱灰した状態なので、歯のエナメル質が削れやすくなったり傷みやすくなったりするという意見からです。

それに対し日本人は唾液量の少ない体質なので、30分待つ意味はなく、むしろ食後3分以内に柔らかめの歯ブラシやデンタルフロスを用いてケアするのが正しいといった意見もあり、どうしたら一番よいのか惑わされてしまいます。

いずれにしても歯磨きは食後必ず行うことを習慣づけるのが大切。就寝中は口腔内に雑菌が繁殖しやすく虫歯のできやすいタイミングでもあるので、夜の食後あるいは夜の就寝前の歯磨きは特に意識的に丁寧に行うようにしてください。

夜の歯磨きが一日の中でも一番重要。そのため毎食後歯磨きする時間が取れない方は、特にこの就寝前の歯磨きだけでも重点的にしっかり行うことで、虫歯リスクを大幅に減らすことが可能になります。

また時間があるようでしたら朝食前、朝起きてすぐの歯磨きも効果的。就寝中に繁殖した雑菌をこの歯磨きできれいに除去する効果が高まります。もし朝起きてすぐの歯磨きが時間的に厳しい場合には、水で口腔内をすすぐだけでも効果があります。

 

この記事に関連する記事一覧

何をしたら良い?
カテゴリ
最新の投稿