虫歯だらけにならないために、予防と対策!

虫歯だらけにならないために、予防と対策!

虫歯はうつるの?本当のところは、どうなの?

読了までの目安時間:約 2分
 

よく、赤ちゃんが生まれるとお母さんからの唾液感染で虫歯になるので、口の中で噛み砕いたものを食べさせるのはやめましょうという話を聞きます。実際、一緒のスプーンやコップで食べることや口の中で噛み砕いたものを与えること、キスをすることで虫歯はうつるのです。

では、これらの事をやめたら虫歯菌の侵入を防げるのかというと、なかなかそうも行かず、歯磨きの時に口をゆすぐコップなどにわずかに残っている菌からも入ってきてしまうので、予防するのも難しいものです。

それでも虫歯は防ぎたいものですよね?一体どうしたらよいのでしょうか?

菌をもらわないように気を付けるのではなく、虫歯が出来ないように気を付けることが大切です。菌を一切口に入らないようにする生活はできません。そうだとすると、菌が口の中に入ったとしても大丈夫なように、しっかり予防するしかありません。

虫歯菌は、食べ物のカスや歯垢などを餌に繁殖していきます。なのでその繁殖を防ぐために餌である食べ物のカスや歯垢を除去すればよいのです。食後の歯磨きやフロスの使用などで汚れを日頃から落とす習慣をつけましょう。口の中をいつも清潔に保つことは虫歯だけでなく、歯周病予防にも大切なことです。

また、現在虫歯があるという場合は口の中に絶えず虫歯菌があるということですから、次にまた虫歯になる可能性が大です。もしも治療していない場合は早期治療をして、虫歯の広がりを防ぎましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

何をしたら良い?
カテゴリ
最新の投稿